00. 実況中

reading report【夜に星を放つ】心象・考察

夜に星を放つ

2022年上半期、直木賞候補

2022年6月17日「第167回直木三十五賞」の候補作が発表された。

発表直後、朝の五時から各本の紹介文を読み漁り、急いでどれを読むか選んだ。

あらすじから「死をテーマに置きつつも心が暖まる物語」って印象を受けて、この【夜に星を放つ】に決めたんだ。

ボク😅は遅読なので、受賞発表までに読めるのは1冊だけだ。今読んでる「月は無慈悲な夜の女王」は一時中断した。

お祭り(直木賞)優先だ!🎉

第167回 直木三十五賞 候補5作品

  1. 河﨑秋子「絞め殺しの樹」(小学館)
  2. 窪美澄(くぼみすみ)『夜に星を放つ』(文藝春秋)
  3. 呉勝浩「爆弾」(講談社)
  4. 永井紗耶子「女人入眼」(中央公論新社)
  5. 深緑野分「スタッフロール」(文藝春秋)

今年の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」で、北条家を中心にしたお話。

「女人入眼」が 北条政子がらみで最有力候補なんだろうなぁ🤔時流に乗ってる感じだ。

選考委員会(受賞発表)は2022年7月20日(水)。

発表までに読み上げるぞ!🤠

reading report

ひとつ目の「真夜中のアボガド」を読んだところで気づいた。この短編集は、夜空の星や、星座からインスピレーションを膨らませて書かれているようだ。

それぞれの話にテーマや表現したい感情が込められているんだろう。

あわてず😇ゆっくり読んでいこう。

真夜中のアボカド♊ふたご座

ふたご座(Gemini)、冬の星座。

暗いカストルが兄ちゃんで、明るいポルックスが弟だそうだ。お話の中では、ふたごの主人公を象徴させる感じで2回登場する。

登場人物たちが真剣に悩んでいるのは解るが、あまり緊張感はなく「のほほん」と深く考えることなく読み終えた。

作者もきっと「ほわ~ん」とした人なんだろう。もしキビキビした人だったらちょっとがっかりしちゃうな。

ん?

なんでがっかりするんだ?別にいいじゃないか。創作なんだから。

作者が死ぬ思いで詩文を絞り出すような作品が読みたいのか?ボク🤔は。

まぁ、どっちでもいいや。感動できれば。

銀紙色のアンタレス♏さそり座

さそり座(Scorpius)、夏の星座。

なんという贅沢な少年!

というか、作者は女性。

16歳の男子の気持ちや、飢えた心が露ほども解っていない感しか読後に残らなかった。解ろうともしてないし、意図的に目を背けているような印象も受ける。

素敵なお話だとは思うよ。細かい描写もきれいだったし。

だけど、さすがにこれはちょっと夢見せすぎだよなぁ。

now reading⏳真珠星スピカ

夜に星を放つ
著者 窪 美澄(くぼ みすみ)

ボク😅程度の読み手では、正直、名前を聞くのも初めてって感じだろう。この作品が直木賞を獲れば、メジャーになっていくんだろうね。

頑張って!🥳

紙の本Amazon楽 天
電子書籍Amazon楽 天
乙女のための物語やね😅