00. 実況中

reading report【月は無慈悲な夜の女王】心象・考察

月は無慈悲な夜の女王

あまりにも有名なこの小説。とうとう読むことにした。

ボク🤠が物心つくずっと以前、1965年に連載されてヒューゴー賞まで受賞しているアメリカの「ロバート・A・ハインライン」によるSFだ。

アイザック・アシモフ、アーサー・C・クラークと合わせて、世界SF界のビッグスリーと呼ばれているそうだ。

耳にするときは良い評判しか聞かないこの小説だが、当時はなかなかに過激な作品ではあったらしい。

少し難しそうだから、ある程度下調べをしてから読むぞ!🤓

下調べ

2022/5/22

原題は「THE MOON IS A HARSH MISTRESS」。

このタイトルや、うわさを聞いて、ボクが持っていたイメージはこの感じが近い。

単語を調べると、

HARSH(ハーシュ)
耳障りな、不快な、どぎつい、ざらざらした、荒い、厳しい、苛酷(かこく)な、残酷な、無情な、とげとげしい

MISTRESS(ミストレス)
(一家・使用人の)女主人、主婦、女教師、(ペットの)女性の飼い主、女主人、最もすぐれた女性、女流名人、女王、支配者(である婦人)、情婦

あらすじを調べると、

月面の植民地が革命を起こし独立を図る

月面を管理していたコンピューターが自我を持ち、革命の中心となって活躍する

このようなプロットだ。

あらためて、原題は「THE MOON IS A HARSH MISTRESS」。

全部読み終えた時に、このタイトルへ自分🧐で翻訳をつけてみたい。

reading report

熱読中!笑😃

now reading⏳

月は無慈悲な夜の女王 Kindle版

著者 ロバート・A・ハインライン
訳者 矢野徹

「宇宙の戦士」「異星の客」「夏への扉」などで知られるSF界の巨匠ハインラインの代表作