51.ブログ内用語

用語説明のページです🔎

用語説明ページ

このブログ内の、他の人にはわかりにくいと思われる「言葉」=「ブログ内の用語」を整理してあるページです。

私自身の頭の中を整理する目的もあります。m(_ _)m

直近2回での1等出現

直近2回の抽せんで、どのように1等に出現したかを、マスの塗りつぶしの色で可視化しています。

私としては、「オレンジ色」と「黄色」に一番注目しています。

「前回の1等」;オレンジ塗りつぶし

用語説明;「前回の1等」

オレンジ枠の数字は、前の回でも出現しています。(赤丸)

毎週の「予想表」や「結果表」でも、オレンジの塗りつぶしにしてあります。

「前々回の1等」;黄いろ塗りつぶし

用語説明;「前々回の1等」

黄色枠の数字は、前のもう一つ前の回でも出現しています。(赤丸)

毎週の「予想表」や「結果表」でも、黄色の塗りつぶしにしてあります。

「前回・前々回とも1等」;灰いろ塗りつぶし

灰色枠の数字は、前々回→前回と2回連続して出現しています。(赤丸)

毎週の「予想表」や「結果表」でも、灰色の塗りつぶしにしてあります。

「直近2回1等なし」;白いろ塗りつぶし

用語説明;「1等出現なし」

白色枠の数字は、前回も、前々回も、出現しなかった数字です。

毎週の「予想表」や「結果表」でも、白色の塗りつぶしにしてあります。

何色にも塗りつぶしていないということです。

「オレンジパターン」

当せんNoの数字の中に、「前回の1等」(オレンジ枠)がひとつだけ含まれているパターン。

一番あてにしているパターンです。

「前回の1等」がふたつ入るパターンと同時に使用することもよくあります。

「イエローパターン」

用語説明;「イエローパターン」

当せんNoの数字の中に、「前々回の1等」(黄色枠)がひとつだけ含まれるパターン。

「前々回の1等」がふたつ入るパターンと同時に使用することもたまにあります。

「ピンクパターン」

用語説明;「ピンクパターン」

当せんNoの数字の中に、「前回の1等」「前々回の1等」両方がひとつづつ含まれているパターンです。

「グレーパターン」

用語説明;「グレーパターン」

当せんNoの数字の中に、「前回・前々回とも1等」(灰色枠)がひとつだけ含まれているパターンです。

「前回の1等」 や、「前々回の1等」が、いっしょに含まれるケースが多いかな。

「ホワイトパターン」

用語説明;「ホワイトパターン」

当せんNoの数字の中に、「前回の1等」 または、「前々回の1等」、そして「前回・前々回とも1等」などが、ひとつも含まれていないパターンです。

言い換えると、

直近2回で出現した数字が、ひとつも含まれていないパターンということです。

直近7回での1等出現

直近7回の抽せんで、何回1等出現しているかを、文字の色と傾斜で可視化しています。

私のデータでは、
「前回の1等」であるオレンジ塗りつぶしの中が、「青の数字」になっていると、出現やすい傾向にあると算出されています。

「緑の数字」;3回以上

用語説明;「緑の数字」

直近7週間での出現回数が、3回以上の数字です。

緑色の太字です。

ちょっと斜体にしてあります。

毎週の「予想表」や「結果表」でも、緑の斜体文字にしてあります。

「青の数字」;2回

用語説明;「青の数字」

直近7週間での出現回数が、2回ちょうどの数字です。

青色の太字です。

ちょっと斜体にしてあります。

毎週の「予想表」や「結果表」でも、青の斜体文字にしてあります。

「赤の数字」;1回

用語説明;「赤の数字」

直近7週間での出現回数が、1回ちょうどの数字です。

赤色の太字です。

毎週の「予想表」や「結果表」でも、赤の文字にしてあります。

「黒の数字」;0回

直近7週間での出現回数が、0回の数字です。

黒色の太字になります。

毎週の「予想表」や「結果表」でも、黒の文字にしてあります。

「桁」ごとの1等出現パターン

当せんNoは、小さい順に並べ替えられています。
よって、
1桁目~5桁目それぞれで出現する数字の大きさには特徴がでてきます。

各「桁」ごとに、発生する数字の大きさの上下限を決めて、発生パターンをウォッチしています。

下表は、「自分なりに設定した上下限」に対しての確率を計算したものです。

『次回このパターンが来るかどうか』を予想の指針に使う回もあります。

用語説明;「桁」ごとの1等出現パターン

「各桁数字の大きさ」が相応なパターン

用語説明;「各桁数字の大きさ」が相応なパターン

各桁それぞれに、平均的な大きさで並んでいます。

「自分なりに設定した上下限」適合するパターンです。

図表の「◎」が付いている回で、実績での発生率≒41%です。

マイルールですが、「◎」が3連続したら、4連目は無い方に張ることにしています。

4連以上は「捨て回」と割り切るように努力。

最高は7連チャンまで出たことがあります。(3~4回見た)

「各桁数字の大きさ」が片寄るパターン

用語説明;「各桁数字の大きさ」が片寄るパターン

平均から逸脱した並びになっているケースです。

「自分なりに設定した上下限」適合しないパターンです。

図表の「◎」が付いていない回で、実績での発生率≒59%です。

いろんなケースが入り混じっているので、予想しにくい並びです。

たとえば、
◉小さい数字ばかりのケース
◉大きい数字ばかりのケース
◉12345など異常に連続するケース、などがあります。

連チャンの規則性は、皆無とみています。

出現から出現までの間隔=「week」

「全31数字」それぞれ、
先回の出現から、何回の抽せんが経過したかを「week数」であらわしています。

例えば 、11が 第1,000回に出現したとして、
つぎの第1,001回に 11が出現すると「1week目」で出現したと数えます。
変わって、第1,015回に 11が出現した場合は「15week目」で出現したと数えます。

「何週間のあいだ出現していないか」と言い替えることもできます。

下の図で、数字のを使い、実際の発生事例による説明をしています。

詳細は拡大してください。

用語説明;「week数」

「week数」

用語説明;「week数」

先回の出現から、?週間経過しているかを「?week」で数えます。

「全31数字」それぞれ、
先回の出現から「?week」出ていないか、「?week目」で出現したのかをウォッチしています。

左(上)図は、数字~数字までの表を使い、数字で説明しています。

「week出現回数」

出現の頻度をこまかく分析したデータになります。
各「week数」ごとでの出現回数をカウントしたデータです。

「全31数字」それぞれ、
先回の出現から「?week目」のときに、何回出現しているのかをカウントしています。

下の図は、第1074回時点でのデータテーブルとなります。

みっつの数字で、実際の発生事例による説明をしています。

詳細は拡大してください。

用語説明;「week出現回数」

「week出現回数の平均」

「?week目」ごとの出現回数を、「全31数字」で平均した値です。

下の図は、第1074回時点でのデータテーブルとなります。

数字の12を使って、実際の発生事例による説明をしています。

詳細は拡大してください。

用語説明;「week出現回数の平均」

「week数」の発生パターン

1等当せんNoの、1桁目~5桁目それぞれに「week数」があります。
小さい順に並べ替えると発生のパターンが出てきます。

小さい順に並べ替えて左から順に、
minsecmidfoumax と呼んでます。

各番目ごとに、発生する「week数」の大きさの上下限を決めて、発生パターンをウォッチしています。

用語説明;「week数」ごとの発生パターン

「各week数の大きさ」が相応なパターン

用語説明;「各week数の大きさ」が相応なパターン

各桁それぞれに、平均的な大きさで並んでいます。

「大きさの上下限」適合するパターンです。

図表の「week」が付いている回で、実績での発生率≒54%です。

マイルールですが、「week」が3連続したら、4連目は無い方に張ることにしています。

4連以上は「捨て回」と割り切るように努力してます。

「各week数の大きさ」が片寄るパターン

用語説明;「各week数の大きさ」が片寄るパターン

平均から逸脱した並びになっているケースです。

「大きさの上下限」適合しないパターンです。

図表の「week」が付いていない回で、実績での発生率≒46%です。

久しぶりに出現した数字があると、必然的に max が特大になって片寄るケースが多いです。

一千万円超え 当せんNo

調査・整理中です。

一生懸命監視してますが、あまり特徴的な傾向はなさそうです。😔

基本的な単語

特に説明をするほどでもなく、一般的な使い方をしてる単語ですが、自分のためにも一応定義付けをしています。

「数字」

ミニロトNo1~31の中の、任意の数字ことを指したいときに使っています。

「全31数字」

ミニロトNo1~31の数字全体、すべての数字をまとめて指したいときに使っています。

「出現」

当せんNoとして抽せんされること、或いはされたことを指します。

「出目」

出現する数字、或いは出現した数字を指して、「出目」と呼ぶことがあります。
一つの数字に対して「出目」ということもありますし、当選番号の五つセットのことを指して「出目」と呼ぶこともあります。

「出目る」

数字の出現に対して「出目る」と口ばしることが 多々あります。
基本的には「出現する」といいますが、コーフン気味になると「出目る」になってしまいます。 ┐(´д`)┌

「桁」

1等当せんNoの五つの数字は、小さい順に並べ替えられています。

左から順に、
1桁目 → 2桁目 → 3桁目 → 4桁目 → 5桁目 と呼んでます。

「前回」

1回前の抽せんのことを言います。1回前限定です。
下記の「先回」と似たような使い方をしますが、意味は違います。

「前々回」

2回前の抽せんのことを言います。2回前限定です。

「先回」

2回以上前の出現のことを言います。
上記の「前回」と似たような使い方をしますが、意味は違います。

「パターン」

当せんNoは、数字が五つ集まってできあがった形ですが、分析するといろんなパターンに分けることができます。

上記にいくつか説明してますように、ボクが気にしているパターンは以下のとおりです。

「オレンジパターン」「イエローパターン」「ピンクパターン」

「グレーパターン」「ホワイトパターン」

「直近7回で分析したパターン」

「桁ごとの数字で分析したパターン」

「week数5個の大きさを分析したパターン」などなどです。

「ヒット」

数字ひとつひとつに対して、的中したことを「ヒットした」という言い方をしています。

たとえば、

予想が=11182629 で、

当せんNoが=1115192631 であった場合、

ヒットした数字は、1126といった感じです。

「オールヒット」

当せんNoの五つすべてをヒットさせたことをこう呼んでます。

しかし、五つすべてがヒットしているからといって、あたりを引いているとは限りません。

並べ方が悪かったら、最悪4等すら引けてないこともあります。