1.ミニロトチャレンジ

実録!統計検定チャレンジ ~統計の勉強をしよう~

統計の勉強

ミニロト1等の当選確率は、およそ「16万分の1」。

およそ15年、いろいろ考え、様々なことを試してきた。

けど😅まったく当たらないんだ。

確率は絶対だ。肌で感じた。

しかし、これを凌駕することにチャレンジしている。

作戦をもっと進化・改善させていきたいけど、アイデアは絞りつくした。

統計を学んで、次の手のヒントを得るのだ!🤓

統計検定を使って勉強する

「統計検定」に合格することを目標にする。

統計検定は、日本統計学会 および 統計関連学会連合が創設した、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験。

2級以上はかなり難しいらしいが、チャレンジするだけでも価値があるはずだ😤

他の、調査士とかデータサイエンスもやってみて損はないだろう。

詳しくはコチラ→「統計検定とは」

どの資格もメチャメチャ難しそうだけど🙃まぁまずは4級からだ!

4級【受験勉強中】

ただいま試験勉強中!😃

パッと見た感じで、勉強しなくても合格できそうな?

でも、一歩づつ進まないと気が済まない質なので、きちんと基礎からスタートするのだ!🤠

3級~1級

3級の過去問を見てみたけど難しいなぁ。けっこう勉強しないと無理だな。

2級も見てみた。かなり勉強せんとアカンなぁ~😅

準1級、チンプンカンプン😱これは無理だ!

1級😑異世界やな。分野応用ごとの問題まである。

順番にやっていく過程での成長に期待するしかない。

それでダメなら仕方ない。

統計調査士 資格

統計調査士、専門統計調査士、ともに日本統計学会からの『認定証』が発行される。

箔がつきそうやね。

統計調査士

過去問を見ると「統計界の常識問題」って印象だった。

「実際の社会問題を統計で分析された事例」で結果を読み取る勉強って感じかな。

検定3級程度のレベルらしい。

専門統計調査士

検定2級レベルなんだって😅きびしそうだな。

過去問を見たけど、文章が長くて文字でビッチリって感じ。

読むだけで大変そうです😨

データサイエンス検定

説明を見る限り、

統計学を「問題解決へ応用する力」を養うための検定ってところでしょうか。

実務レベルへ落とし込む訓練になるのかな?🧐

データサイエンス基礎

以下の能力開発が目的のようだ。

  • データハンドリング技能
  • データ解析技能
  • 解析結果の適切な解釈

過去問を探したけど、サンプル問題しかない。

どうも、まだ本格稼働していないらしい。

データサイエンス発展

こいつも、過去問を探したけどサンプル問題しかない。

まだ本格稼働していないようだ。


サンプル問題みたけど😅訳が分からん数式がたくさん書いてあった。「Σ」は苦手😥

データサイエンスエキスパート

ここに至ってはサンプル問題さえまだない。2022年1月の公開予定なんだってさ。

「データサイエンス発展」から予想するに😱異世界レベルだろうな。

安心!カンタン?受験の手順

4級受けて落ちた😅けど、ネットで調べた限りではかなり受験しやすそうだね😄安心だ。

手続きがカンタンに済むかは受けてみないとね。

場所や日時は、

まず最寄りの会場を自分で選び、選んだ会場で受験日を選べるようだ。(CBT方式試験

いくつか見てみたら、

関東から南の地域では だいたい20日/月くらいは試験を受けれる日だった。

北日本はあまりやってないみたいね。

対ミニロトの戦力

ミニロト歴15年超え。

一週たりとも予想は休んでいない。

じつに、150万円以上をつぎ込んだが、一度も当っていないんだ。😢

目先の目標は300万円使うまでに一度は当てること。

目標を達成するための「戦力」として『統計』を学ぶんだ。😃

知っておいて損はないだろう。