ミニロト実戦結果

実戦!ミニロトチャレンジ【第1083回】🌂2020/6/30抽せん

4等

外れ実績を積み上げ中。shirono-j🤠です。

どこまで積み上げたら報われるのか楽しみ。

いつか当たることを前提に考えれば、外れ実績が多いほどドラマチックになる!

この考えだけが継続のよりどころです。

でも下手したら、当たる前に死ぬ。😱

ミニロト予想

ミニロト予想表;1083

前回は、前々回がピンクパターンだった流れでオレンジパターンが出ると予想しました。

予想は外れて、ピンクパターンが連チャンしてしまったわけですが、

今回も、前回予想のコンセプトを引継いだものにします。

つまり、

オレンジパターンで攻めます。

合わせて、緑の数字を中心に据えました。

あと今週は、

week出現回数が平均未満の数字ばかりになるように気を配りました。
2:3~1:4を狙い打ちです。

今週の予想の本命は、予想Dと、予想E。

結果が楽しみ。🤠

参考;予想テータテーブル

ミニロト予想表;1083データテーブル

ミニロト反省

ミニロト結果表;1083

当たるかっ!こんなの!🤬

前回の1等がみっつと、

前々回の1等がひとつ。

こんなの、何も考えずにサイコロ振ったやつしか当たらん!....ハズ。

ひとつの予想に、前回の1等をみっつも意図的に入れれるヤツは変態や。

ボクは変態じゃない!🤠

まあ、今週は仕方がなかったということで。

来週こそ。🔥

ミニロト実績

ミニロト成績表;1083

今週のひと言

大きな当たりを引きたいと欲するときには、外れた時の反省を怠らずにきちんと積み上げていかねばならない。

反省が積もり積もって、いつか良いタイミングで奇跡の直感に繋がるからだ。

偶然は準備のないものに拾うことはできないのだ。🤠

スポンサーリンク

直近50回の発生データ

直近50回分のデータを羅列。毎週更新して最新を保ちます。

前回の1等」や「前々回の1等」の出現状況も『色』で表現してある。


パターン色について興味のある方はコチラの説明をご覧ください → 直近2回での出現し易さ(色のパターン)

統計データ掲示板

ミニロトのために統計の勉強をしています。少しでも1等当せんへ近づけないか、何とか攻略できないものかと必死なのです。

勉強した知恵を利用して整理した、最新のデータをここに公開していきます。

アホかと思われちゃいますね。まぁ😅仕方ないです。

はっはっは😃

度数分布表;全31数字×桁別

全31数字の発生頻度を「桁別」でカウントして整理した集計表。

「計」と「発生率」の列では、

  • 平均以上値=ピンク枠で太字
  • 最大値=青枠で太字
  • 最小値=緑枠で細字
  • その他=白枠で細字

となってます。

出現度数;ヒストグラム

出目頻度のヒストグラム(度数分布)を「桁別」で書き出したもの。


ピンクの部分が「桁ごと」の度数を表し、グレーの部分は全体を表します。

第1回から現在までの「全抽せんデータ」で分析しています。

度数分布に関してのボク🧐の理解程度はコチラを参照ください。→ クリック↗

右側の図は、最近勉強した「箱ひげ図」です。

ボク🤠が気付い点としては、

  • 桁別なら正規分布に近い
  • 5桁目はバラツキが小さい

移動平均と合わせ見ても5桁目はバラツキが小さ目だ。理論的には1桁目と同じはずなんだけどなぁ。よく解らんけどせっかくだから予想へ利用している。

移動平均;折れグラフ

出目頻度の移動平均を「桁別」にとってグラフ化したもの。

過去201回分の移動平均を連続させた 折れ線グラフにしています。

  1. 最新~ n=8レンジ(8回移動平均)
  2. 最新~ n=17レンジ(17回移動平均)
  3. 最新~ n=32レンジ(32回移動平均)

の3種類を、ひとつのグラフに重ね合わせている感じです。

移動平均に関してのボク🧐の理解程度はコチラを参照ください。→ クリック↗

ボク🤠が気付い点としては、

  • 1桁目はしばらく下降傾向だったが下げ止まりしつつある
  • 4桁目と5桁目は変動が少ない

といったところ。どの桁もバラツキは同じはずなのに、5桁目が明らかに小さいのが不思議。