ミニロト実戦結果

実戦!ミニロトチャレンジ【第1262回】予想と結果と統計データ

ミニロトアイキャッチ-1262
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ミニロト17年目。 一週たりとも予想を休んでいない シロノ🤠です。

今年もいよいよ大詰め。なんとしても今年中に決めたい。

チャンスはあと3回。すべてを2セット買いにする。苦しいけど2万4千円を突っ込むのだ!耐えろ!あと少し!

世間が聞けばバカにするだろう。

でも勝てば官軍。勝てば正義だ!

実況・速報

〖予想〗購入実績

さて「W作戦」の真っ最中だが、少しルールを修正。

「前回前々回の1等」の数字も「W」の構成要素としてカウントすることにした。

「W作戦」は徹底して直近2回で出現した数字を追いかけるコンセプトとする。

今までは「もしホワイトパターンがきたら」が怖くてリスクを避けていたが、一度振り切ることに決めたのだ!

徹底して効果を確認しよう🧐

■ 1セット目

ミニロト予想表-1262-1

YouTube動画;約3分半

■ 2セット目

YouTube動画;約3分

【結果】反省

~ 2023年12月12日 抽せん ~

また緑数字にやられた。

決めた!!

もういっそ、今後は緑数字は全部使用する。どんな時でもフル出場だ!

ただ割合を調整するだけ。これも思い切って覚悟を決めるのだ。

今週の学びはこれだけでいい。

ひとつだけでいい。

■ 1セット目

ミニロト結果表-1262-1

■ 2セット目

ミニロト結果表-1262-2
回別 第1262回
抽せん日 2023年12月12日
本数字( )はボーナス数字 11 16 18 19 29 (31)
1等 10口 16,134,000円
2等 60口 193,100円
3等 1,772口 11,300円
4等 50,061口 1,000円
販売実績額 545,715,600円

通算実績;リアルタイム

2007年8月14日から休むことなく買い続けている「通算の実績」をまとめた成績表です。15年以上かけてとはいえ、これだけ敗けてると正直こわい。

ホントは死ぬまでに3回当てるのが目標だけど、まずは1回当てなきゃ。

目標と経過

2024年2月24日 目標 経過
1等当せん 1回 当てる! 0 回
購入回数 12,800 回 12,396 回
いくら使うまでに 256.0万円 247.9万円
いつまでに 2024/6/30 あと 127日
当選確率
ミニロト=1/169,911
1/12,800 0/12,396

※ 2007年8月14日から毎週かかさず継続中

成績詳細

2024年2月27日 0勝 12,192敗 204分
1等当せん 0 勝
外れ 12,192 敗
2等当せん 2 分
3等当せん 5 分
4等当せん 197 分
実施期間 16.8 年
収支 ▲ 1,890,300
月 使用額(平均) ▲ 9,376

ミニロトを始めた動機などは「トップページ」へ、予想方法は「予想作業標準書」へ整理しています。😉

まだ一度も当てたことがないけど、長年の集大成です。下記の記事へ整理しているので、もし良ければ のぞいてやってください。

決意!

今後、当面は緑数字を積極的に使用していく。

冷静に観察するんだ。有益な効果を得られるかを。

少しづつ、一歩づつ、1mmづつだっていい。

近づくのだ。

1等へ。

着実に。

スポンサーリンク

直近50回の発生データ

直近50回分のデータを羅列。毎週更新して最新を保ちます。

前回の1等」や「前々回の1等」の出現状況も『色』で表現してある。


パターン色について興味のある方はコチラの説明をご覧ください → 直近2回での出現し易さ(色のパターン)

統計データ掲示板

ミニロトのために統計の勉強中。少しでも1等当せんへ近づけないか、何とか攻略できないものかと必死です。

勉強した知恵を利用して整理した、最新のデータをここに公開。アホかと思われるかもですが、勝てば官軍。正義が勝つのではなく、勝った者が正義なのだ!

がんばって、最後に勝つ!🤠

度数分布表;全31数字×桁別

全31数字の発生頻度を「桁別」でカウントして整理した集計表。

「計」と「発生率」の列では、

  • 平均以上値=ピンク枠で太字
  • 最大値=青枠で太字
  • 最小値=緑枠で細字
  • その他=白枠で細字

となってます。

出現度数;ヒストグラム

出目頻度のヒストグラム(度数分布)を「桁別」で書き出したもの。


ピンクの部分が「桁ごと」の度数を表し、グレーの部分は全体を表します。

第1回から現在までの「全抽せんデータ」で分析しています。

度数分布に関してのボク🧐の理解程度はコチラを参照ください。→ クリック↗

右側の図は、最近勉強した「箱ひげ図」です。

ボク🤠が気付い点としては、

  • 桁別なら正規分布に近い
  • 5桁目はバラツキが小さい

移動平均と合わせ見ても5桁目はバラツキが小さ目だ。理論的には1桁目と同じはずなんだけどなぁ。よく解らんけどせっかくだから予想へ利用している。

移動平均;折れグラフ

出目頻度の移動平均を「桁別」にとってグラフ化したもの。

過去201回分の移動平均を連続させた 折れ線グラフにしています。

  1. 最新~ n=8レンジ(8回移動平均)
  2. 最新~ n=17レンジ(17回移動平均)
  3. 最新~ n=32レンジ(32回移動平均)

の3種類を、ひとつのグラフに重ね合わせている感じです。

移動平均に関してのボク🧐の理解程度はコチラを参照ください。→ クリック↗

ボク🤠が気付い点としては、

  • 1桁目から5桁目へ向かうにつれてバラツキが小さくなる
  • 移動平均でみれば、どの桁も「バラツキ幅≒7」ていど

といったところ。どの桁もバラツキは同じはずなのに、5桁目が明らかに小さいのが不思議。


このブログには、特有の単語や言葉づかいがあります。
それぞれ 用語説明ページ⮭ へリンクさせ、説明をしています。

※注;予想サイトではありません
このブログは、私個人の方法論とトライ&エラー記録を公開し、くじ当せんの困難さを表現するものです。
他者へ「攻略方法」などを促しているものではありません。
「当選確率のアップ」などは致しておりませんのでご注意ください。