30. 調査考察の記録

watching report【高橋洋一さんの意見研究】矢野財務次官の文芸春秋投稿問題から

「ド文系」って程ではないケド、理系出身こころは文系、shirono-j🤠です。

ところで、

日本の収入が支出より少ないのなら、もっと消費税を上げなきゃイカンと強く思う。

けれど最近「高橋洋一チャンネル」を見てて、マスコミが言う事を信じてはいけないとハッキリ意識するに至っている。

今回の文芸春秋記事に対する高橋洋一さんの反論動画、これがまた説得力バツグンで大変良かった。(なんか怒ってるケド😅)

より深く理解するために、ボク🤠なりの要点をまとめてみることにした。

自分なりの理解であり、結論は以下。

  • 財務省は、税金を上げたいがために事実を切り取りして印象操作している

  • 財務省は、あちこちに公開しているデータを、かき集めて分析できる国民は絶対にいないと高をくくっている(高橋さん一人が騒いでも恐くないと思っている)

  • 財務省は、マスコミが逆らわないように操作し成功している

  • マスコミは協力している(知ってか知らずか)

もしホントに財務相役人が、自分の出世のために国民の印象を操作をしているなら許せないな。

「未来の子供たちを憂う国民の心」を利用しようとしているなら最低最悪だ。

技術研究費を賄うのは「環境税」か「国債」かの話

どちらの話も少々演出が入っている気もするが、

これは議論なんだから(間接的だが)、まぁ当然でしょう。

  1. 高橋さんの話では「国債」と言っているが、
    矢野財務次官の文章では「赤字国債」と言っている。

  2. 高橋さんの話では「環境税」と言っているが、
    矢野財務次官の文章では「地球温暖化対策税」と言っている。

惑わされないように気を付けて、冷静に考えてみた。

➊はどっちでもいい。
一方は赤字じゃないと主張していて、もう一方は赤字なんだと主張しているんだから当然の違い。

➋もどっちでもいい。
環境税の中のひとつなんでしょう、地球温暖化対策税は。きっと😅

で、ボク🤠のジャッジは、

矢野財務次官が「環境税?地球温暖課税?」を増税しましょう!と言っていたんだったら、完璧に高橋さんの言い分が正しいと思う😉

でも、

「環境税?地球温暖課税?」の中からやりくりしましょう!と言っていたのなら少し微妙🤔
「将来の投資」なんだから借金で賄わねばというのは納得できるけど、
「限られた条件」や制限あってこそ成長する時もある。

その辺、正しく「さじ加減」できてこその官僚だろって思うんだけど...(´-`).。oO

ホント、どっちが正しいんだろ?この話は判断しがたい😪

バランスシートの話

矢野財務次官の文芸春秋投稿問題3

貸借対照表(バランスシート)。会社の昇進試験でも出題される。

技術系のボク🤠でも出題された。

それだけ当てにできる考え方であり、会社を破綻させないための知っておくべき知恵ということだろう。

一般会計だけではダメだ!って話も十分想像がつく。

そして『いまの状態は大丈夫』ってことなんでしょ。素人のボク🤠でも、正しくイメージできていると思う。

主夫として

考え方は家計と同じでしょ。
だから収入より支出が多いのはイヤだな。

日本人は借金が大っキライだからね。

こういう、日本人的な感覚を利用しているのか。それとも、官僚だって日本人だから過剰に借金を嫌っているのか。

優しく考えれば、官僚もその感覚に逆らえないのかもしれないな。エリートのくせにだらしねー🥴

いずれにしても、正しく見極めして欲しいね。

  • どのように収入を増やすのか

  • いつまでにトントンになるのか

  • どこまで凌げば増税しなくてすむのか

とりあえず、すぐに「増税」して国民に苦難を強いるのはやめて欲しいね。それが役目のはずだろ。

楽をしようとしないで😡

誠心誠意、精一杯やってくれよ😠

財務相は逃げるな!

きっと、信念をもって行動しているんだって信じたい🥺

自分は間違っていないと信念を持っているなら、胸を張って高橋さんと公開議論をして欲しいのです。

逃げ回っている話を聞くと、

『悪いことを企んでいる』とか、『バレそうだからごまかそうとしている』と思ってしまうのです😥

誤解なら表へ出てきて、説明して欲しい。

高橋さんとの議論を公開するのが、一番国民にもわかりやすいと思う🙂

高橋さんが考えた財務諸表

高橋さんの作った財務諸表は、すべての政府関係予算が含まれている包括的なもので、小泉政権以降、毎年公表されているそうだ。

いちおう保管したけど、見方はよくわからん😢

負債はぜんぶ国債なんだろうな。

資産の国債はどれなんだ?😅

銀行券等は入ってないってことでいいよな😵

まぁ、いいや🥴

財政破綻の話;金融工学

これから5年間で、日本が破綻する確率は「約1%」だそうだ。

保険屋(CDS)が保険料を算出するための数値だから確からしい。

そりゃ、自身の利益がかかっているからね。必死でしょ😁確かでしょ。

それと比べて、

財務省やマスコミは「他人事」と思っているんだろうなぁ😞緊張感がないんだろうなぁ。

矢野康治(財務事務次官)は何を考えているのか

高橋さんは怒るけど、ボク🤠は以下のふたつにひとつだと思ってる。

(A)わざとで悪人

意図的に「悪く見えるデータ」を強調している、つまり税金を上げたいがために事実を切り取りして印象操作している

あちこちに公開しているデータを、かき集めて分析できる国民は絶対にいないと高をくくっていて、高橋さん一人が騒いでも影響はないと思っている。

理由はわからないが、とにかく増税したいのだ。

出世や、個人的な野望のためではないと信じたい。

(B)賢い恐がりのバカ

日本人は借金が大っキライだからね。官僚だって日本人だから過剰に借金を嫌っているのかもしれない。

官僚もその感覚に逆らえず、「自分の責任で日本がつぶれたらどーしよ😱」なんて心細くなり、「とにかく税金たくさん獲れ」ってなってる。

バランスシートとか、会計とか、理解する頭は持っているくせに、ビビッて周りが見えなくなっている。

最後に;本当に心配になった

とにかく心配だ。

矢野財務次官の行動を見て本当に心配になった😱

あの人達(今の官僚)に任せてて、本当に日本の将来は大丈夫なのか。

正義感だったなら、まだいいんだけど...😥

今回の事件は、恐らくみんな財政よりも官僚に、引いては公務員に対して不安を持ったと思う。

国民全員を不安にしたという意味では重罪だな😟矢野財務次官。

公務員への信頼を貶めたという意味でも重罪だな😤矢野財務次官。