00【実況中】

reading diary【スティーブ ジョブズ】お近づきにはなりたくないな、コワイし

スティーブ・ジョブス;アイキャッチ

お客様第一、ユーザーファーストは当たり前の話。

ではどのように ユーザーへ最高のものをお届けするのか。

最近の主流は、ユーザーに寄り添って、ユーザーの意見をよく聞くこと。

ユーザーが何を欲しているのか、ユーザーの立場に立って考えるのが良いとよく目にする。

でも、

過ぎたるは猶及ばざるが如し

寄り添うのは大切だけど、媚びることになってはいけない。

さじ加減は難しいんだろうけど、

製品を開発提供する側が市場を引っ張る、この考え方が理想で大切なんだろう。

そしてそれを体現したカリスマが、「スティーブ・ジョブス」だと世間では言われてる。

この評伝を読んで、どういう人だったのか知りたい。

本編➊(細読モード)

(data)

スティーブ・ジョブズⅠ
Steve Jobs

ウォルター・アイザックソン著
井口 耕二 訳

天才?🤔イヤな奴?😅
自分の目で見極めるのだ!

ジョブズの世界

理系と文系のあいだ

2021/7/25...P4

スティーブさんは子供の頃、「自分は文系だ」と思っていたそうだ。

その後、理系へ転身したという。

ボク🤠とは逆だ。

ボクは子供の頃、「自分は理系だ」と思っていた。

学校を出て会社で働き始め、数年で「自分は文系だった!」と後悔した。

今もその思いは強い。

でも、「はじめに」でいきなり書いてあったこの言葉は嬉しい。

文系と理系の交差点に立てる人にこそ大きな価値がある

ポラロイド社、エドウィン・ランドさんの語られた話らしい

まぁ、自分がそうとは思えんが、頑張ろうとは思えた。🔥

やるぜ!🤪

ジョブズの世界

2021/7/31...P17~24

口絵のページだったが、写真が複数。

それぞれに小文が添えてあり、そのいくつかに心をひかれた。

ジョブスは完璧主義すぎて、家具がなかなか選べなかった

1982年、クパチーノの自宅にて

天才と何とかは紙一重って感じさせられるな。

「なかなか選べない」ってとこに少し笑えた。🤭

欲しいモノを見せてあげなければ、みんな、それが欲しいかなんかわからないだ

1982年、アップルのオフィスにて

うんうん。やはり。

つくる側が市場を引っ張る、イニシアチブをとる、この考え方。

人文科学と技術の交差点で生きるのが好きなんだ

2004年、パロアルトの自宅の仕事部屋にて

こうありたいもんやね。😳

悪ガキたちの時代

限度を知らない悪ガキたち

● ジョブズ

2021/8/11...P42

小学生のいたずらで「先生の椅子の下に爆薬をしかけた」って、どんだけやねん!🤣🤣🤣

先生は引きつけを起こしたらしい。かわいそうに。

しかし、いたずらも普通とどこか違うな。

これは天才の片りんと言うよりも、「大人になっても丸くならない才能」の片りんなのかな。

ちなみにジョブズが小学3年生、8歳くらいでの話らしい。

このいたずらが、どれだけの問題になったかは書かれていない。

下手したら相手の命にもかかわるよなぁ。

ボク🤠だったらメチャメチャに叱ってしまうだろうな。

でももし、

この「爆薬事件」が天才の片りんであったとしても、親はしっかりと激しく叱っておくべきだと思うね。

叱られた経験も含めて才能が開花するのだと信じたい。

● ウォズニアック

2021/8/22...P57

もう一人のスティーブということで、ウォズニアックの話になる。

んが、しかし、このお人もいたずらで「爆弾騒ぎ」を起こしている。

校長先生はオモチャの爆弾を抱え、校庭のど真ん中、命がけで配線を引きちぎったらしい。

ウォズは一晩少年院へ入る事になる。

アメリカの子供はこんなにいたずらが酷いのか?ちょっと笑えないレベルだな。

こうやって聞くと笑い話だけど🤣、もし自分がやられたら絶対許せないだろうな。

校長先生かわいそう。

だけど、

この命がけの行動で度胸がついたというか、人間としてひと回り大きくなったんではないだろうか。結果的に。

命をかけて生徒を守ったんだからね。いたずらだったけど。🥴

なかなかできないと思うよ。

「カチコチ」いっている爆弾を抱えて校庭の真中へ走り、配線を引きちぎる。

生徒を守るために。

偉いよなぁ。

この本じゃなきゃ、この校長先生がヒーローやろ。

2021/9/5...P65

キッシンジャーの名をかたって「ローマ法王へいたずら電話」するって、どんだけ「あほ」やねん!🤣

「偉大な人はいたずらもビッグだ」...なんて思えばいいのだろうか。

考えられん。理解できん。

ボク🤠には無縁の世界やな。

目の前にいたらあまり関わりたくないタイプではなかろうか。はっはっは😃

ヘンリー・キッシンジャーって誰?

スティーブ・ジョブス4

1923年、米国の政治家・政治学者。ドイツの生まれ。

1938年、米国に移住。大統領補佐官・国務長官として、米中関係の打開、ベトナム和平の実現などに活躍。

1973年、ノーベル平和賞受賞。著「回顧録」。

引用元;デジタル大辞泉

親が た~いへん!

2021/9/17...P71

息子がジョブズのようにわがままで、

学費がバカ高ろうが「行きたい大学にしか行かん!」と言ったらどうするだろうか。

ほんとにジョブズの親御さんはえらいわ。マネできんね。

ボク🤠だと、「それなら大学に行かんでもいいよ」なんて口から出ちゃうだろうな。😰

理由や動機、状況によるかもしれんけど、正しく冷静に見極めできるようになりたい。

適切な助言をできるように精進するのだ。🦉

「感じが悪いヤツ」それが若かりしジョブズ

2021/11/2...P81

若い頃はずいぶん破天荒な生き様であったようだ。

決められたカリキュラムを受けたくないから大学を辞め、辞めたあともその大学へ通う。好きな授業にだけ自由に出入りし、好奇心を満たす。

ハッキリ言って成功していなければ、ただの「感じが悪いヤツ」である。

LSDの事を良いもののように書いているが、いろんな意味で本当に良いことか?

一意見としては聴くが。

もしも、そばにいたらボク🤠はどう反応するのか。

嫌うだろうか。魅せられるだろうか...。

読むの止めようかな

2021/11/7...P103

正直、ここまでのジョブズはキライだ。

よって、おもしろくない。😓

読むの止めちゃおうかな。

でも、ここから盛り上がっていくはずなんだよな。

待てよ😨大人になっても人に当たりのきつい性質で、apple追放されてたよな。請われて復活したけど。

う~んん!

も少し読んでみよう!🤠

はた迷惑なスゴイひと

ウェイン哀れ

2021/11/13...第5章より

apple1の写真、ネットで一生懸命探した🤠

今のところ、ジョブズの才覚よりも ウォズの能力を際立てて書いてある。

ジョブズはただの商人って感じ。

ウェインは、序盤でビビってパートナシップを抜けた。この人😨哀れすぎるやろ。

もし抜けなかったらapple1の誕生で、出資金800ドルが 26億ドルになっていたらしい。

当時の日本円で言うと、「24万円が、7540億円になってたはずなのに」って話だよね。

これはヘコむなぁ😰

本人は後悔していないと言っているそうだが😭そんなのウソにきまってるやろ!強がりに決まってるやん!

自分をごまかして、表層だけででもそう思えるまで何年、いや何十年かかったんだろうね。

テレビでジョブズを見るたびに、iフォン見るたびに悔しさが甦ったはずだ。たぶん何年たっても。

たぶん、いや絶対、ウェインは アンドロイドを使ってたと思う。下手したらスマホすら使わなかったかも。

そりゃ、パートナーがバンバン無謀な借金したらビビるよね。よく分かるよ。

これは、才ある人間に巻き込まれた災難だな。哀しすぎる😢

わがまま不潔わからず屋

2021/11/23...第6章より

ここまでのところジョブズは、わがままで、不潔で、わからず屋、品性がなく、失礼、

「誰からも嫌われる存在」にしか見えないよ😰

評伝にあるまじき主人公の扱い方だ。

まぁ、正直と言えば正直😅ウソはないだろうな。

そんな中でもいい言葉があった。

( ..)φメモメモ

完璧を求めるなら見えない部品もきれいに仕上げなければならない(ジョブズの義父)

洗練を突きつめると簡潔になる(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

赤裸々すぎん?(苦笑)

2021/11/28...第7章より

認知するとかしないとか、オレの子じゃないとかDNA鑑定とか。

ひどい章やったな。

読むに堪えんわ😟読んだけど。

まぁ有名人になれば、隠しておきたくてもいずれバレてつつかれるんやし。

無責任なマスコミに盛られて騒ぎたれられるよりかは自爆的💥にさらけだした方がましか。

ある意味かしこい🐒ズルがしこい。

しかし、

こんなバカやってきたジョブズのくせに大人になって成功した。

多くの人たちから尊敬され、日の当たる場所で活躍できた。

大学の卒業式で偉そうに説教たれて、名言なんてありがたがられたり。

若い頃の失態を時々想い出してしまい、うなされるボク😣にとってはある意味救いとなる事例かな。

比べられないほどスケールが違ってて参考にできんか。😅

PC誕生を加速させた

2021/12/5...第8章より

個人向け電算機=パーソナルコンピューター=PC誕生は、ジョブズがいなくても必ずしていただろうね。

そして、爆発的に加速させたのは間違いなくジョブズの性格の悪さだ。と、書いてある。

これが言いたくてここまでの赤裸々告白はあったんだな。

布石というか😅いい訳というか..。

でも、やっとおもしろくなってきた🤠ここまでガマンして読んできてよかった。

!いい言葉( ..)φメモメモ

未来を予測する最良の方法は、自分で作り上げることだ(アラン・ケイ

優れた芸術家はまねる、偉大な芸術家は盗む(ピカソ

新しいアイデアだけでイノベーションが生まれる訳ではない。そのアイデアを現実とする行為も等しく重要なのだ。(この本書いたひと)

ユーザーが気持ちよく感じるようになければならない(ジョブズ)

できる⇔わがまま紙一重

役立たずも必要悪?

2021/12/10...第9章より

会社の中には、

  1. すごい奴
  2. きちんとした奴
  3. どこかいい加減なヤツ
  4. 言われなきゃ動かないヤツ

がいて、

その中で更に、

  • (a)反応はする奴
  • (b)知らん顔できるヤツ

に分かれる😎と考えている。

ジョブズが一方的に悪のように書かれていて、確かに「ちょっと冷たすぎるんじゃない?」とも思えるが、

ダン・コトケは、上記の ③(b)か、④(a)であったのだろうと予想する。

この推定が合っているなら、ボク🤠は少しジョブズの気持ちがわかる気がする。

1銭だってあげたくないよ。

まぁ、いろいろ事情やなんかはあると思うけどコレが本音だ。

できる⇔わがまま紙一重

2021/12/16...第10章より

会社員歴が長い中、いろんな人を見てきた。

確かに、物事を成し遂げていく「できる人」には「わがままな人」が多い。

でも、

この人たちがどんどん出世していくのは見たことがない。せいぜい中間管理職どまり。

ジョブズは「わがまま」の度合いが突き抜けているから、この時 この時代にマッキントッシュを立ち上げることができた。

そういう意味で、ジョブズにしかできなかったと認めざるを得ないな。

逆に見ると、

少しでも時代がずれれば彼はただの「イヤな奴」「嫌われ者」で終わっていたと思えてしようがない。

ここに出てくるラスキンの手紙もウソだとは思えない。リアルすぎるでしょ。

ボク🤠もラスキンの言い分に大賛成だ。

だが、

ラスキンは失敗し、ジョブズは大偉業を成し遂げた。

ボク😞が負けた気分だ。

マネジャーとして、スティーブは最悪です・・・・・スティーブは昔から好きな人物ですが、彼の下で働くのは無理だと痛感しました・・・・・ジョブズは約束を良く忘れます。これはあまりに有名で、定番ジョークになっているほどです・・・・・よく考えずに行動したりおかしな判断で行動したりします・・・・・他人の功績を認めるべき時に認めません・・・・・新しいアイデアを提示されると、意味がない、あるいは馬鹿らしいとすぐに否定し、そのようなことは時間の無駄だと切り捨てます。これだけでも管理者としては失格ですが、そのアイデアが優れていた場合、それを自分のアイデアであるかのように他の人々に話すのです・・・・・他人の話は腰を折り、聴く耳を持ちません。

ラスキンの手紙

ボク🤠の身のまわりにも、似た人の一人や二人はいる。

ただ、悪い人じゃないんだよ。

ジョブズも、もしかすると会えば悪い人じゃないかもしれない。

まさか😲、

この本書いた人(ウォルター・アイザックソン)は、本を面白くしようとして誇張してないか?!

ホンモノの唯我独尊

2021/12/26...第11章より

嫌な奴だと言い続けてきたが、ここに至って思う所がある。

「いるいる!こんな奴いるよ!ボク😅の近くにも!」ってことだ。

そいつは、

「人の言う事をすぐに否定し、他人の話は腰を折り、聴く耳を持てないタイプ」だ。

困ったヤツだが、不思議と嫌な奴ではない。

でも、もし仕事が出来なかったら嫌なヤツだと思ってしまうだろうな。

要は、

酷いわがままでも、成果の釣り合いがとれていれば、嫌われないという事だね。

ジョブズの場合、わがままも成果も突き抜けてる。

だから「嫌われない」どころか『偉大』と感じられているのだと理解した。

『現実歪曲フィールド』と呼ばれるまで大きく育った「突き抜けたわがまま」

悟りを開く前の状態『唯我独尊状態』なのかもしれない。

メカメカしいのも好きよ

2022/1/2...第12章より

この章では、

「形態は機能に従う」を否定して、

「形態は感情に従う」を全面的に肯定したいらしい。

ジョブズが、一世を風靡していたソニーのメカメカしいデザインを否定した過程でそれを表現しようとしている。

ボク🤔としてはちょっと納得できない論だね。

なぜなら『機能をとことん追求した結果として、形状美しくなると信じるからだ。

戦闘機やスポーツカーをつい格好イイと思ってしまう人達はみんなそうではなかろうか🙄

流線形であったり、表面の凹凸を極限まで取り払うというのは機能・性能を極限まで追求した結果だ。

それに、ボク🤠はボタンやスイッチがたくさんついたガンメタのデザインも好きだけどね。

もちろん、シンプルなアップル製品も好きだけどさ。

結局、感情に従う事も機能なんだからさ。

言葉の解釈だけの問題か?

はっはっは😃

してやったり!

2022/1/9...第13章より

ジョブズの指示を無視した部下の判断が、ジョブズの窮地を救う!

この逸話では、スカっと爽やかな気分だったなぁ~。

ジョブズの強引な態度を誰かが正すと、すんごく気持ちいい!

ボクにとってジョブズは悪役か?はっはっは😃

この時、ジョブズは日本のソニーをバカにしてたようだ。

1983年のソニーと言えば、「ウォークマン」全盛期のころじゃないか?

世界のソニーやったころやろうね。たぶん。

このソニ-のエンジニアが、ジョブズに隠れてこそこそ仕事する羽目になるなんて。

それでも、ちゃんと仕事を成し遂げる日本人は謙虚!😆エライ!

本編➊(粗読モード)

路線変更!

ちょっと細かく読み過ぎた😅もっと粗く読んでいこう。

ここまで読んできて、「あまり細かく読んでいくべき本ではない」と判断した。

ここからは「興味がわく章だけ」をきちんと読んでいこっと。🤠

now reading⌛~第16章

ビル・キャンベルさんの本

この「スティーブ・ジョブス」は、

Googleの本「1兆ドルコーチ」を amazonで買ったら、おすすめに出てきたので衝動買いしてしまった本。

さて、

「アップル VS グーグル」、どっちがいいかな?

1兆ドルコーチ;アイキャッチ

reading diary【1兆ドルコーチ】 ~ 日本で言えば、二宮尊徳さん的な人かな🧐 ~