00【実況中】

reading diary【スティーブ ジョブス】性格の悪い子供が偉大な大人になるお話

スティーブ・ジョブス;アイキャッチ

お客様第一、ユーザーファーストは大前提の当たり前の話。

ではどのように ユーザーに最高のものをお届けするのか。

最近の主流は、ユーザーに寄り添って、ユーザーの意見をよく聞くこと。

ユーザーが何を欲しているのか、ユーザーの立場に立つ事が良いと、よく見かける。

でも、

過ぎたるは猶及ばざるが如し

寄り添うのは大切だけど、媚びることになってはいけない。

さじ加減は難しいんだろうけど ボク🤠が思うのは、

製品を開発提供する側が市場を引っ張る、イニシアチブをとる、この考え方が理想で大切。

そしてそれを体現したカリスマが、「スティーブ・ジョブス」であるように思う。

この評伝を読んで、この理想を考える糧としたいものです。

(data)

【スティーブ・ジョブス】Steve Jobs(Kindle)
The Exclusive Biography

ウォルター・アイザックソン著
井口 耕二 訳

読みはじめ;2021年7月25日

読み終わり;now reading⌛

reading diary

「reading diary」を始めて、この「スティーブ・ジョブス」で5作目となる。

これまでのは途中からだったり、読み終わったのを後で掘り起こした。

本当に最初っから日誌をつけ始めるのは、今回が初めてとなる。

まさに、実況的だ。

このブログの名(実況ウェブログ)に恥じない。はっはっは😃

Tweet

2021/7/25「はじめに」P4

スティーブさんは子供の頃、「自分は文系だ」と思っていたそうだ。

その後、理系へ転身したという。

ボク🤠とは逆だ。

ボクは子供の頃、「自分は理系だ」と思っていた。

学校を出て会社で働き始め、数年で「自分は文系だった!」と後悔した。

今もその思いは強い。

でも、「はじめに」でいきなり書いてあったこの言葉は嬉しい。

文系と理系の交差点に立てる人にこそ大きな価値がある

ポラロイド社、エドウィン・ランドさんの語られた話らしい

まぁ、自分がそうとは思えんが、頑張ろうとは思えた。🔥

やるぜ!🤪

2021/7/31「ジョブズの世界」P17~24

口絵のページだったが、写真が複数。

それぞれに小文が添えてあり、そのいくつかに心をひかれた。

ジョブスは完璧主義すぎて、家具がなかなか選べなかった

1982年、クパチーノの自宅にて

天才と何とかは紙一重って感じさせられるな。

「なかなか選べない」ってとこに少し笑えた。🤭

欲しいモノを見せてあげなければ、みんな、それが欲しいかなんかわからないだ

1982年、アップルのオフィスにて

うんうん。やはり。

つくる側が市場を引っ張る、イニシアチブをとる、この考え方。

人文科学と技術の交差点で生きるのが好きなんだ

2004年、パロアルトの自宅の仕事部屋にて

こうありたいもんやね。😳

Tweet

2021/8/11「子供時代;捨てられて、選ばれる」P42

小学生のいたずらで「先生の椅子の下に爆薬をしかけた」って、どんだけやねん!🤣🤣🤣

先生は引きつけを起こしたらしい。かわいそうに。

しかし、いたずらも普通とどこか違うな。

これは天才の片りんと言うよりも、「大人になっても丸くならない才能」の片りんなのかな。

ちなみにジョブズが小学3年生、8歳くらいでの話らしい。

このいたずらが、どれだけの問題になったかは書かれていない。

下手したら相手の命にもかかわるよなぁ。

ボク🤠だったらメチャメチャに叱ってしまうだろうな。

でももし、

この「爆薬事件」が天才の片りんであったとしても、親はしっかりと激しく叱っておくべきだと思うね。

叱られた経験も含めて才能が開花するのだと信じたい。

Tweet

2021/8/22「おかしなふたり;ふたりのスティーブ」P57

もう一人のスティーブということで、ウォズニアックの話になる。

んが、しかし、このお人もいたずらで「爆弾騒ぎ」を起こしている。

校長先生はオモチャの爆弾を抱え、校庭のど真ん中、命がけで配線を引きちぎったらしい。

ウォズは一晩少年院へ入る事になる。

アメリカの子供はこんなにいたずらが酷いのか?ちょっと笑えないレベルだな。

こうやって聞くと笑い話だけど🤣、もし自分がやられたら絶対許せないだろうな。

校長先生かわいそう。

だけど、

この命がけの行動で度胸がついたというか、人間としてひと回り大きくなったんではないだろうか。結果的に。

命をかけて生徒を守ったんだからね。いたずらだったけど。🥴

なかなかできないと思うよ。

「カチコチ」いっている爆弾を抱えて校庭の真中へ走り、配線を引きちぎる。

生徒を守るために。

偉いよなぁ。

この本じゃなきゃ、この校長先生がヒーローやろ。

Tweet

2021/9/5「おかしなふたり;ふたりのスティーブ」P65

キッシンジャーの名をかたって「ローマ法王へいたずら電話」するって、どんだけ「あほ」やねん!🤣

「偉大な人はいたずらもビッグだ」...なんて思えばいいのだろうか。

考えられん。理解できん。

ボク🤠には無縁の世界やな。

目の前にいたらあまり関わりたくないタイプではなかろうか。はっはっは😃

Tweet

ヘンリー・キッシンジャーって誰?

スティーブ・ジョブス4

1923年、米国の政治家・政治学者。ドイツの生まれ。

1938年、米国に移住。大統領補佐官・国務長官として、米中関係の打開、ベトナム和平の実現などに活躍。

1973年、ノーベル平和賞受賞。著「回顧録」。

引用元;デジタル大辞泉

2021/9/17「ドロップアウト;ターンオン、チューンイン」P71

息子がジョブズのようにわがままで、

学費がバカ高ろうが「行きたい大学にしか行かん!」と言ったらどうするだろうか。

ほんとにジョブズの親御さんはえらいわ。マネできんね。

ボク🤠だと、「それなら大学に行かんでもいいよ」なんて口から出ちゃうだろうな。😰

理由や動機、状況によるかもしれんけど、正しく冷静に見極めできるようになりたい。

適切な助言をできるように精進するのだ。🦉

Tweet

now reading~⌛

ビル・キャンベルさんの本

この「スティーブ・ジョブス」は、

Googleの本「1兆ドルコーチ」を amazonで買ったら、おすすめに出てきたので衝動買いしてしまった本。

さて、

「アップル VS グーグル」、どっちがいいかな?